腸内環境改善はチョー大切〜腸内を整えて健康体〜

食事は健康の基礎

めまい症状を助長するものとは

近年その患者数が増加しているめまいという症状は、実は食事が大いに関係しています。めまいが起こるきっかけは精神的なストレスが多いとされていますが、その症状を悪化させているのが日々の食事です。毎日の食事の栄養バランスが悪いことが一番の原因なのです。栄養バランスの悪い、偏った食事といって思い浮かぶのはファストフードやジャンクフードのような、味が濃く手軽に食べられる安価な食品です。数十年前でしたら、外食は滅多にできない高価な食事というイメージでしたが、今や自炊よりも安く済ませることも可能なほど、低価格で提供されているものもあります。全てが当てはまるわけではありませんが、低価格であればあるほど、品質は低下し、必要な栄養素は皆無と言っても過言ではありません。

働きすぎによる様々な弊害

安かれ悪かれの食品を人々が買い求めるようになったのは、自分の生活や家族を疎かにし、仕事やお金に重きを置くようになったためです。それは女性の社会進出の増加も少なからず影響しています。一人当りの収入の低下により、男性の稼ぎだけでは家計が苦しいことや、シングルマザーの増加により、やむなく外へ働きに出なければならないことなどが関係しています。働く時間が長いほど家事にかける時間は減っていきます。そして、その影響を顕著に受けるのが毎日の食事なのです。 このような時代の変化により、忙しい毎日の中で受けるストレスはどんどん増加し、めまいが発症しやすくなります。そしてそのめまいは、バランスの悪い食事により悪化していきます。悪循環を断ち切るためには、自分や家族の身体を労わり、ストレスをためないように心がけることが大切です。